普通包茎手術後にツートンカラーが目を引くのは

深刻な仮性包茎と手術の必要性

MENU
RSS

普通包茎手術後にツートンカラーが目を引くのは

確たる定義づけはされていませんが、通常早漏はオチンチンを女性の膣にインサートしてから2分程度までで、耐えられなくなって意思に反して射精してしまう症状のことをいいます。カントン包茎である男性だと、ペニスが大きくなる前に先端の皮を引き下ろして亀頭を出せても、性交するためのペニスが大きくなったときに出そうとしたら、男性器が締められることになり、痛みを感じるようになります。テクニックが不足しているお医者さんによる包茎手術を受けた場合、包皮と陰茎のバランスが狂ってしまう場合も少なくありません。

 

こういうケースでは、包皮小帯が小さい子供みたいに突っ張ることがあります。ニオイの原因の恥垢は、尿道球腺液ですとかバルトリン腺、その他体内からの分泌物などが乾いて亀頭の周囲や包皮との間にくっついている垢の名前です。よくわからない物質のように思われますが、一言でいえば尿や精液の残りかすです。尖圭コンジローマになったら、医療用の液体窒素での凍結療法によるかレーザーを使って切除します。いぼの部分が切除されてもウィルスが感染したままであるケースがほとんどで、再度いぼができることが少なくありません。

 

体の免疫力が弱くなっている方は、尖圭コンジローマがまた発症することがとっても増加してしまいます。考えられないほど再発が繰り返されるならば、非常に危険なHIV感染などに代表される免疫不全の状態の可能性も出てきます。深刻なカントン包茎の状態ですと、強引に包皮をめくったときに、包皮先端の部分が竿部分をぎゅっと締め付けて亀頭部分に血が停滞して、剥いた包皮を亀頭に元のように覆いかぶせることができなくなる方もいるのです。亀頭直下法なら、新旧の皮の縫合線が亀頭の真下にあるので縫合した後で恥ずかしいツートンカラーにならないのです。

 

今ではメリットの大きい亀頭直下法で包茎手術をすることがほとんどになっているのです。よく聞く仮性包茎とは、男性器の皮が余分にあることなのです。だからオナニーのときは、包皮を伸ばすような事をしていると、包皮が伸びて仮性包茎の状態になるのは無理もありません。一般人にすれば、心配のないフォアダイスだと判定していても、本当のところは性病のひとつの尖圭コンジローマの症状だったなんてケースも多く、専門の診療所で治療を行う方がたくさんいるのです。長すぎて余った包皮を取り除いた後で生まれる包皮の縫合した線が境界となって、これまでと新しく出てきたところの包皮のカラーに違いがあります。

 

こうしてできる色の差が皆さんにツートンカラーなどと称されるわけです。亀頭部分の最先端部分には、おしっこが通る穴が口をあけています。尿道口というこの穴の下側と包皮の間の場所に筋のようになっている所があるのがわかります。ここの場所を包皮小帯と呼んでいるわけです。包皮小帯の部分は、放っておいても切り取ってしまっても、性感帯としてはプラスになるものはほとんどないことが確認されています。

 

でも、包皮小帯部分がそのままのほうが見た目が不自然じゃないので残しておくことになるのです。普通包茎手術後にツートンカラーが目を引くのは、包皮の内側と外の境目に色素が沈着するからです。それらの色素沈着が原因となって、ツートンカラーをさらに派手にしているわけです。